♯629 どうする家康第40話ネタバレ&感想 ~天下人家康~

こんにちは。ひろくんです。

 パレードまで1か月。最高の結果を望んでいます。

 大河ドラマ、朝ドラ、その他のNHK番組が観れるNHKオンデマンドはuネクストがおすすめです。



 今日はどうする家康第40話のネタバレ&感想を書いていきたいと思います。ネタバレになりますので復習がてら読んでいただきたいです。ネタバレ嫌な方はごめんなさい。

 秀吉が亡くなり今後のことに向けて五大老五奉行の10名が集まって話をしている。三成は秀吉の遺言と10人衆がみんなで物事を決めて政を行うことを強調します。

 「再び天下が乱れることがあってはならん。殿下がみまかられたことはしばらく公にしないほうがよかろう」と家康が言いました。

 10人衆はうまくいくかと思われましたが一致団結とはいかず250万石の所領を持つ家康は諸大名たちに警戒されています。

 1598(慶長3)年11月、朝鮮から兵を引き上げる。

 三成たちが加藤清正や黒田長政らをお迎えします。

 三成は「戦のしくじりを不問とする」と言うと長政は「しくじりだと?」と怒る。

 三成は戦をしてきた清正らのことを理解していません。清正らの不満がたまり伏見城にやってきて三成に戦の責任をとるように言いますが前田利家が止めました。家康は話を聞いてあげました。

 家康は三成に清正らに謝罪するよう提案しますが三成は自分は悪くないと言い張り謝罪することを拒否しました。

 「昔から治部と清正らの折り合いが悪くてな。治部がうまくできなければ力のあるものにやってもらうほかないと私は思っておる」と北政所が言いました。

 屋敷に戻った家康は本多正信から諸国の状況を聞いている。

 「治部殿では手に負えないでしょうな」と正信が言うと

 「殿が表に立つべきでは?」と本多忠勝が聞くと

 「今は目立って危険を冒すよりも伊達などの動きを封じる程度にしておくとよいのでは。近いうち豊臣の天下は崩れていきますゆえ」と正信が言いました。

 1599(慶長4)年、秀吉の遺言をもとに秀頼は大坂城に居を移しました。

 ある日、家康が伊達政宗や福島正則らとの縁組をしている噂が流れる。縁組は勝手にしないよう秀吉が決めていた。ルール破ったため家康を除いた9人が集まっている。

 「治部、言わんこっちゃない。これは天下略奪の算段であるに違いない」と毛利輝元が言うと

 「その通り」と上杉景勝が答えました。

 利家は家康をかばい三成は家康を謹慎処分することを決めて家康のもとに糾問使を派遣する。

 「すまなんだ。ほんの行き違いでござる。改めて皆様にお伝えする」と家康が言うと

 「あくまで奉行衆を助けるためにやったことで。殿は太閤殿下の遺言を忠実にやられておる。もし殿が懲罰にかけられれば血の気の多い徳川勢が黙っているはずがない」と正信が言いました。

 状況が悪化してきたため家康と三成が会い話しました。

 「誤解を解いておきたい。わしはそなたの味方である。ただ今の形での政は困難だ。天下泰平のためにわしが政務を執る覚悟。そなたの類まれな才能で手伝ってくれぬか」と家康が言いました。

 三成は家康がどんなことを言っても信じられない。

 家康は三成に信じてもらえないことを病床に伏せている利家に相談しました。

 「他のものが貴殿を信じることは無理だ。神話に出てくるような戦いをくぐり抜けた貴殿がみんな怖いのだ」と利家が言うと

 「どんなことが起きようとも乱世には戻しませぬ」と家康が言いました。

 利家は安堵の表情を浮かべました。それから1か月後、豊臣家の結束をつなぎ止めていた前田利家が亡くなりました。そのことで世の中は騒がしくなる。

 ある日、正則や清正らが三成のいる伏見城を取り囲む。俗に言う三成襲撃事件である。

 正則たちは三成の奉行職を解任するように家康に頼みます。三成との関係が修復不可能になってこれをきっかけに三成は所領の佐和山に隠居することになりました。

 「佐和山に行ってもよろしいございますか。また一緒に星の話をしましょう」と家康が言うと

 「貴殿とは違う星を見ていた。もう会うことはない」と三成が言いました。

 そして家康は伏見城の首座に座り決意表明する。

 「これからは天下泰平を乱すものがあれば徳川家康が放っておかぬと心得よ」と家康は宣言するのであった。

 感想としては家康が天下人になるためにひた走ります。色んな手段を使いのぼっていきます。
 

これからも当ブログをよろしくお願いします。

🔥36

コメント

タイトルとURLをコピーしました