♯691 NPB2023年ジュニアトーナメント ~将来プロへ~

こんにちは。ひろくんです。

 今日はクリスマスイヴ。今年もあと1週間。体調万全で年末を過ごしていきたいです。

 今日は明後日開幕するNPBジュニアトーナメントについて書いていきたいと思います。

 NPBジュニアトーナメントは2005年から毎年年末日本プロ野球機構がプロ野球球団の地元の少年野球チームの中から人選してプロと同じユニフォームを着用して未来のプロ野球選手育成のために行われます。

 実際この大会に出場しプロ入りした選手は数多くいます。プロを目指すこどもたちにとって目標であり登竜門なのかもしれないです。

 明後日から3日間行われます。会場は神宮球場と横浜スタジアム。

 監督は以下の通りです。

 北海道日本ハムファイターズジュニア 須永英輝

 東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア 大廣翔治

 読売ジャイアンツジュニア 西村健太朗

 東京ヤクルトスワローズジュニア 度会博文

 横浜DeNAベイスターズジュニア 荒波翔

 埼玉西武ライオンズジュニア 星野智樹

 千葉ロッテマリーンズジュニア 小林宏之

 中日ドラゴンズジュニア 山北茂利

 オリックス・バファローズジュニア 小川博文

 阪神タイガースジュニア 柴田講平

 広島東洋カープジュニア 安部友裕

 福岡ソフトバンクホークスジュニア 帆足和幸

 ルール

 ➀ 小学校5年、6年のチーム編成。1チーム16人以内。

 ➁ 6回1時間半制。同点の場合最大2回のタイブレーク(無死1、2塁からスタート)。タイブレークで同点だった場合9人での抽選をし○の多いチームが勝者とする。タイブレーク中の得失点差は加算しない。5回以降7点差だった場合コールドゲームなるが決勝は採用されない。決勝は6回1時間40分制。同点の場合延長に入るが時間がきたら新しいイニングに入らない。それでも同点優勝とする。

 ➂ 3ブロックに予選し勝者はブロック代表戦へ。敗者は敗者復活戦へ。敗者から2試合して1試合平均得失点差の1位のチームからワイルドカードとして準決勝へ。

 ➃ 大会で認められている用具を使用する。

 ➄ 球数制限として1日70球まで。多くの選手に出てもらいたいため再出場を認める。

 新監督は阪神と広島。昨年阪神タイガースジュニアは初優勝して監督を勤めた上本は功績を認められ今年タイガースwemenの監督。来季阪神2軍コーチ。将来1軍監督になる人材だと思います。タイガースジュニアには連覇してもらって完全に阪神のとして締めくくってほしいです。

これからも当ブログをよろしくお願いします。

🔥9
野球
スポンサーリンク
torakichikunをフォローする
シェアする
torakichikunをフォローする
トラキチひろくんの日常 〜難病でも負けない漢の物語〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました