♯511 矢野前監督来院 ~感謝~

こんにちは。ひろくんです。

 本日、矢野前監督が来院されました。

 矢野さんは今回39矢野基金という僕たち筋ジストロフィー患者そして児童養護施設に支援活動を行っておられているので来院が実現しました。

 先週月曜日に来られることを聞いていたのでとても楽しみにしていました。

 今日はお風呂日だったので午前中にお風呂に入れてもらって午後に備えました。

 僕は昔矢野さんに会ったことがあるので緊張することなく昨日は爆睡できました。最初会ったときは緊張しましたが回数を重ねると慣れるものですね。

 僕は会場参加できなかったためリモート参加していました。質問コーナーがありましたので矢野さんに手紙を書きました。僕は気管切開しているので声が出にくいので指導室の方に代読してもらいました。手紙の内容は以下の通りです。
 
 お久しぶりです。〇〇〇〇です。

 今日は来ていただきありがとうございます。

 今回お会いするのが3回目ですが僕のことを覚えておられますでしょうか。

 僕は昨年2月11日より筋ジスの周知活動としてブログを毎日更新し

 Twitterのフォロワー22700人を超えています。

 矢野さんに質問です。

 現役そして監督を経験されて継続することの難しさのアドバイスをお願いします。

 今日のことをブログとTwitterに書いてもよろしいでしょうか。

 部屋に来ていただいたときにブログを見てもらって記念写真を撮っていただきたいです。

 そして僕は病棟ナンバー1のトラキチだと思っています。

 ブログを通して矢野さんはじめ阪神ОBの方および選手のみなさんと友達になることが夢です。

 夢の実現に協力していただければ幸いです。よろしくお願いします。

 矢野さんは僕のことを覚えてくれれてとても嬉しかったです。そしてブログ更新頑張ってと言われてとてもやる気が出ました。

 継続することはとても難しいことですがコツコツと頑張っていこうと思います。

 病室に来られたときにブログをやっていたから紹介することもできました。写真も撮ってもらえました。ブログを頑張ってきたことがいい結果になったと思います。ベッド周りは阪神タイガースグッズで囲まれており矢野さんはめっちゃ黄色やんとおしゃっていました。

 阪神ファン歴31年。これからも生きがいとして誰よりも阪神タイガースを応援していきます。

 矢野さん貴重な楽しいひとときをありがとうございました。

これからも当ブログをよろしくお願いします。

🔥86
思い出
スポンサーリンク
torakichikunをフォローする
シェアする
torakichikunをフォローする
トラキチひろくんの日常 〜難病でも負けない漢の物語〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました